資格を取得する方法とは

マッサージ師2級の資格を取るために日々勉強しています。正確に言うと介護職員初任者研修の資格をとるために、ですね。

様々な法改正の結果、マッサージ師2級という名称は廃止されて現在は介護職員初任者研修という名称に変更されたのです。しかし内容的にはあまり変わった部分は無いため、現在でもマッサージ師2級を通称としていることも多いようです。以降ここでもマッサージ師の名称を使用していきたいと思います。
マッサージ師の厳選資格講座を一覧比較

マッサージ師の仕事内容は身体の不自由な方やお年寄りのサポートをすることです。トイレやお風呂、食事といった身体的な介助はもちろん、ときには洗濯や掃除といった日常的な介助も仕事となります。
同じような仕事内容を持つ介護福祉士というものもありますが、あちらは国家資格であり、取得に少々時間や手間がかかってしまうことからマッサージ師を選択するという方も少なくないのではないかと思います。
マッサージ師は民間資格ですので、最短で一ヶ月で取得できることもあるのです。
アメニティサービスは訪問もやっています!

マッサージ師の資格の取得には実技を学ぶためにスクーリングが必要となっているため、なかなか独学で取得するのは難しいという現状にあります。
ですので例えば通信教育的なものを受講しても、すべてを自宅で完結することはできないのです。しかしその通信教育のサービス会社が手配をしてくれるでしょうから、その点は安心ですね。

通信教育の他にも講義から実技からすべてを通学で行える学校のようなものもありますので、自分のニーズに合わせて選択すると良いでしょう。